ボクの殺意が恋をした

ボクの殺意が恋をした 7話ネタバレ感想&考察~生きていた丈一郎!

僕の殺意が恋をした ネタバレ感想&考察
スポンサーリンク

ボクの殺意が恋をした 7話ネタバレ感想&考察~生きていた丈一郎!と題して、紹介していきます。

7話では丈一郎の仇として、葵を殺そうとした柊でしたが流星に阻止され気絶される事に。裏で動いていた詩織が鳴宮美月と接触しその正体が千景である事がわかります・・・。

ネタバレも含まれますので見ていない方は予めお気をつけ下さい!

その7話の感想&考察を解説していきます。

ボクの殺意が恋をしたの最終回ネタバレ結末をまとた記事はこちら↓

スポンサーリンク

ボクの殺意が恋をした 第7話 ネタバレ

丈一郎の仇として、あわや葵を殺そうとした柊でしたが流星に阻止され気絶される事に。

その後起き上がり呆然とする柊でしたが、裏で動いていた詩織が鳴宮美月と接触しその正体が千景である事がわかります。

観念した彼女から葵と千景がわかってて元々繋がっており、千景は元恋人を丈一郎に殺された事を恨んでいた事を知りました。

またその恋人は何と葵の兄。葵と千景は共犯で、千景は葵の母の事も案じその話を流星にもします。

全てを聞いた柊は思い悩んでいる様子。

その後、1人動く千景は葵の部屋に行き葵が持っていると思われる大事な物を探していましたが風岡が感づき千景に声を掛けました。

しかし今はまだ話せないと言います。

また柊は莉奈から丈一郎との事を聞かされますが、そこに流星が現れ話をしようと来ます。

葵への本音を聞きにきた流星に、やはり丈一郎を殺した彼女を許さない!と柊は言います。

葵がその音声を聞いているとも知らずに。

そんな柊に葵を守ると言って去った流星は戻り彼女と話すも辛そうにしている葵を抱きしめ、全てを懸けて守ると誓います。

また莉奈は傷心の柊を気遣い、彼のそばにいる事を話しました。

その後、千景は詩織に接触しますが何と千景から「丈一郎を殺したのはあなたでしょ」と詩織に言います。

そして葵の母を人質にとり丈一郎を自分が殺したと言わせたのも詩織。

詩織の不正を暴くと誓った千景は彼女の前から去りました。

また母の手術を終えた葵ですが流星が現れ、「柊に本当の事を全て話したいんだろ?」と言います。

彼の言葉で決断した葵は母を流星に任せ柊の元に向かう事に。

しかしそこには莉奈しかおらず、彼は葵に会う為に出掛けたと言われました。

しかし、それは詩織が仕掛けた「罠」でした。

詩織に呼び出された工場跡地に着いた柊は後から現れた葵に銃を向けます。

また柊を処理する為に銃を持つ詩織の前に意外な人物が現れました。

そして葵は丈一郎を殺してない事を伝えますが、柊を狙う銃口に気付いた葵は彼を庇って撃たれます。

また詩織の前に現れたのは何と丈一郎でした。

8話に続く

ボクの殺意が恋をした 第7話 感想&考察

ボクの殺意が恋をした 第7話 を見た感想と考察ネタバレ込みで紹介していきます。

いくつかのキーポイントにそって解説していきます。

  1. 生きていた丈一郎
  2. 真の黒幕
  3. 詩織の不正を暴くための計画

生きていた丈一郎

今回は、色々正体や思惑が分かってきた回でした。

水瀬千景が鳴宮美月だった事。

そして葵の兄の武尊の恋人だった事。

テロ組織の一員だった武尊がSOSの丈一郎に殺害されその復讐のために罰したが、本当に復讐する相手は鳴宮美月を殺せと言った人物。

すなわち綿谷詩織という事 とここまでで驚愕してしまいました。

黒幕が詩織だと分かってない柊は、莉奈にあなたの一番手前にある気持ちを尊重して下さいと背中を押され、さらに詩織から何者かに柊の殺害依頼をしていると騙され、呼び出された場所には葵がいて拳銃を向けた柊に切なさを感じました。

そこで柊を狙った銃から庇い撃たれてしまった。

これで柊は葵は本当に殺害などやっていないと気付いてほし人思いました。何としても一番驚いたのは丈一郎が生きていた事で、もう一波乱ありそうで楽しみです。

 

真の黒幕

いろいろ急展開でいろんな謎が解けて、すっきりしたし、めちゃくちゃ面白くなってきました。

やっぱり千景が黒幕で、彼女と葵と葵のお兄さんとの関係性もはっきりしてなるほど~とやっと納得できました。

ここにきて流星が再登場し、柊のいいなづけの莉奈ともども、いい人か悪者かまだ判断しきれないのがもどかしいけど、見ながらそれを楽しんでいます。

本当の悪が詩織だったことは想定内、死んだはずの丈一郎が彼女の前に現れたときはちょっと興奮しました。

詩織VSその他のメンバーという構図になるだろうと想像できます。

ラストに柊をかばって撃たれてしまった葵は一命をとりとめ、柊の誤解も解けて二人はハッピーエンドに向かうと思います。

詩織の不正を暴くための計画

千景が鳴宮美月だったのは予想通りでしたが、葵との秘密が、同一人物を殺された復讐心だったことには驚きが隠せませんでした。

千景の怒りは、きっと詩織が死ぬまで収まらないと思いますが、丈一郎が生きていたことを考えると、もしかしたら武尊も本当は殺されていなかったという可能性もあります。

全ては詩織の不正を暴くための計画で、SOS自体も、彼女を排除するために水面下で千景達に協力していたのかもしれません。

柊と葵は囮にされたようなものだし、ふたりの苦しみを考えると胸が痛みますが、せめてお互いの誤解だけでも解けて欲しいと心から願いました。

スポンサーリンク

ボクの殺意が恋をした 第7話 みんなの口コミ評判は?

ボクの殺意が恋をした7話のみんなの口コミ評判を集めてみました。

7話では主人公の中川大志さんの演技力の上手さを評価するツイートが非常に多かったです。

また、やはり丈一郎は生きていたか・・という点、黒幕が詩織だったということなど、皆さんの予想通りの展開が意外にホットさせてくれて、ますますこのドラマが面白くなったという意見が聞かれました。

普通、やっぱりね~となってつまらなくなるのに、このドラマは逆でした。

スポンサーリンク

ボクの殺意が恋をした 第7話 おすすめポイント

ボクの殺意が恋をした 第7話でとうとう美月の本当の正体が明かされました。

ここでは「ボクの殺意が恋をした 第7話」のおすすめポイントをご紹介いたします。

  • まさかの真犯人だった詩織が開き直った自白シーン
  • 自分の嘘を認め、愛する柊を体を張って守った葵の勇姿
  • 死んだはずの丈一郎が目の前に現れたことに驚き、ひるんだ表情を見せる詩織

詩織のほかにもまだ企みを持った人物はいるのか、丈一郎の反撃はあるのか?そして
葵と柊そしてデス・プリンスこと八乙女流星の恋の行方がまだまだ気になります!

無料でボクの殺意が恋の見逃し配信をしたを見る

ドラマ「ボクの殺意が恋をした」は
動画配信サービスHuluで1話から最終話まで全話配信中です。

2週間の無料体験期間中は、日本テレビドラマが見放題

2週間以内に解約でき、解約金は一切かかりません

ボクの殺意が恋をしたを無料で見るならココ

今スグHuluで見るならこちらをどうぞ。

スポンサーリンク

ボクの殺意が恋をした 7話 ネタバレ 感想|まとめ

ボクの殺意が恋をした 7話ネタバレ感想&考察~美月は初恋の人葵?!のネタバレ感想&考察でした。

  1. 生きていた丈一郎
  2. 真の黒幕
  3. 詩織の不正を暴くための計画

という感想のポイントでした。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

↓見逃し配信を2週間無料で見るならこちら↓

ボクの殺意が恋をしたを見るならココ

※無料期間中の解約は一切費用タダです

スポンサーリンク