彼女はキレイだった

彼女はキレイだった 9話 ネタバレ感想&考察~樋口の正体に衝撃!

彼女はキレイだった ネタバレ感想&考察
スポンサーリンク

彼女はキレイだった 9話 ネタバレ感想&考察~樋口くんの正体がまさか!!と題して、紹介していきます。

9話では、宗介(中島健人)が愛(小芝風花)とのイチャイチャが止まらない!

そして新副社長と名前も顔も声も謎だらけの小説家、楠瀬凛の正体が明らかに・・THE MOSTの存続は絶望的?

その9話のネタバレ、感想&考察とみんなの口コミ評判を紹介していきます。

無料で彼女はキレイだったが全て見れます

↓登録するだけで2週間見放題↓

↓31日間無料&見放題はこちら↓
無料で彼女はキレイだったを見る

8話ネタバレ感想はコチラの記事へどうぞ↓

彼女はキレイだった ネタバレ感想&考察
彼女はキレイだった 8話 ネタバレ感想&考察~デレデレの宗介♪彼女はキレイだった 8話 ネタバレ感想&考察~デレデレの宗介♪と題して、紹介していきます。 8話では宗介(中島健人)は愛(小芝風花...

楠瀬凛が使っていた万年筆の記事はこちら↓

 

スポンサーリンク

彼女はキレイだった 9話 ネタバレ

宗介と愛はお互いに気持ちがやっと通じ合い喜んでいた矢先、宗介が横断歩道を渡ろうとした時にめまいがして、その場に倒れてしまい病院に運ばれます。

愛の元に宗介が倒れた知らせが入り、ビックリした愛は慌てた様子で病院に駆け付けます。

愛が病院に行くと宗介はベッドの上で点滴をしながら寝ていて、看護師の話しによると宗介は過労だったようで、愛は朝まで宗介の手を握りながら付き添いました。

翌朝、宗介が目を覚まし愛はホッとしながら、宗介が無事で本当に良かったと泣きながら気持ちを伝えます。

一方、宗介も愛が朝まで側にいてくれて嬉しくなります。

目覚めた宗介に愛が飲み物を買いに行こうとしたら、宗介は我慢できなくなり愛をベッドに押し倒してしまい、二人はベッドの上キスをしました。

二人が何度もキスをしていたら、病室に岡島がいきなり訪ねて来てしまい、二人はパニックになり愛は咄嗟に病室のロッカーに隠れます。

岡島は入って来るなり宗介を心配しながら、自分たちが今は頑張るからゆっくり休んで欲しいと宗介に伝えたのです。

すると、そのタイミングでロッカーに入っていた愛が動いてしまい岡島はネズミだと騒ぎます。

また、宗介が何とか誤魔化して岡島が帰って行き、二人は無事にバレずに済みました。

後日、宗介は復帰し職場に戻るのですが、愛との関係が上手くいっているからかテンションも高めで変に明るくなっていたので、編集部員たちは恋でもしていのかと噂をします。

終始顔がデレデレしている宗介に愛はいつもみたいな副編集長に戻るように言いました。

そして、ザ・モスト廃刊の危機を救うために宗介は次号の目玉として人気のアリサの特集ページを企画します。

宗介をはじめ、編集部員たちも明るい兆しが見えて一丸となって頑張ろうと気合いが入ります。

そんな中、少しギクシャクしていた愛と樋口はいつもの食堂にランチに出掛けました。

樋口は二人の交際の順調ぶりを察して、これからは仕事仲間や友達としてジャクソンと仲良くしたいと愛に伝えます。

愛もその言葉を聞いてホッとして樋口にお礼を言ったのです。

その夜、家で梨沙がお酒を飲みながら愛に自分は親の元で働くのを辞めて、一から仕事を探して自立すると宣言しました。

そんな梨沙を見た愛は梨沙なら大丈夫だと背中を押して頑張れ!!と声を掛け二人は乾杯します。

休日に宗介が一人会社に行くと自分のデスクに愛からの差し入れのお弁当が届いていました。

触るとまだ温かかったので近くに愛がいると感じた宗介がすぐに探しに行くと、愛の帰る後ろ姿が見えたので声を掛けます。

そして、宗介が二時間だけ休憩を取るから、二人でお弁当を食べようと言って愛を誘います。

近くの海沿いのゆっくりできる場所で二人は仲良くお弁当を食べ始めました。

宗介が美味しそうに食べる姿を見て愛は嬉しくなります。

そして、お弁当を食べたあとに愛が海を見ながら幸せを感じていると宗介が後ろから愛を強く抱きしめて、これから先もずっと変わらない二人でいたいと言います。

また、宗介は今回の仕事が上手くいけばプロポーズしたいし愛を手離したくないと言いました。

愛も同じ気持ちだと宗介に伝えて、二人は改めてお互いの気持ちを確かめ合います。

そんな中、アリサのスキャンダルが勃発してしまい週刊誌に取り上げられると宗介の元に連絡が入り、宗介も編集部員たちも突然のことでパニックに陥ります。

みんなで色々な人の名前を挙げるも中々、決まらない中で宗介は小説家の楠瀬凛の名前を候補に挙げ早速、先方に話をしに行きました。

しかし、楠瀬凛の担当者も本人には実際に会ったことがなくいつもはメールでのやり取りしている様子だったので、宗介は担当者からオファーは難しいかもしれないと言われます。

その夜、先の行方に心配が隠せない宗介が息抜きにジョギングに出掛けると、近くの公園で愛が宗介を元気付けようとサプライズで待っていたのです。

そして、二人は童心に戻りバスケットボールで無邪気に遊んでいたら、いつしか宗介も心から楽しんでいて笑顔で笑っていました。

翌日、昨日のバスケットボールがきっかけとなり宗介は編集部員たちに、せっかくだからみんなが書きたい記事を書いて下さいと言います。

また、宗介は雑誌を作っている自分たちが楽しく作らないと読者にも気持ちが伝わらないと話をします。

そんな話を聞いた編集部員たちも楽しくなり編集部の空気も一気に明るくなりました。

そんな中、愛は作家の夏川ちかげの元に訪れた時に、自分も先生みたいな絵本作家になることが夢だったと話をします。

すると、夏川ちかげは愛に自分もデビューしたのが遅かったからまだ、愛にもチャンスはあると背中を押します。

そして、楠瀬凛の企画がないまま次号の原本がついに仕上がり、宗介は自ら印刷所に渡しに行きました。

会社に戻った宗介は編集部で一人で考えていると愛が現れ、宗介は自分が廃刊の危機を救えなかったことや力不足だと言って愛の前で泣いてしまいます。

愛は宗介に寄り添いながら宗介は今までよく頑張ったと、ソファーで膝枕をして宗介の頭を撫でながら慰めます。

その時、樋口が編集部の外で二人が話す会話を聞いていて、樋口はある決断をしました。

翌日、印刷所から宗介の元に次号の印刷をストップして欲しいと社員から連絡があったと聞いて、宗介は意味が分からずビックリします。

そして、そのタイミングで宗介の元に楠瀬凛からメッセージが届いたのですが、内容はオファーを受けるとのことでした。

一方、会社では新しい副社長の就任に編集部員たちがワクワクしていると、副社長として現れたのがまさかの宮城だったので当然、知らなかった編集部員たちは絶叫してしまいみんな驚きが隠せずに一時騒然となります。

その頃、宗介は楠瀬凛に会いに行ったのですが、部屋で待っていたのは何と樋口だったのです。

樋口はいつものカジュアルな服装ではなくてスーツに身を包んでまるで別人のようで、事実を知った宗介はビックリしました。

最終回へ続く

彼女はキレイだった 9話 感想&考察

彼女はキレイだった 9話 を見た感想と考察ネタバレ込みで紹介していきます。

いくつかのポイントにそって解説していきます。

  1. 宗介と愛のずっと変わらない気持ち
  2. 回避できない廃刊の危機!?と樋口の正体

宗介と愛のずっと変わらない気持ち

宗介が倒れてしまい愛が朝まで心配して病室で付き添ったり、無事に目を覚ました宗介の姿を見て泣いてしまう愛を見ていたら本当に好きなんだなぁっと痛感します。

その時、目覚めた宗介が愛の腕を強引に引っ張って、ベッドに寝かせてキスする姿は見ていてドキドキするぐらいです。

また、宗介演じる中島健人さんが何をやっても様になっていてカッコ良すぎます!!

そして、仕事復帰した時に愛と付き合っていることが嬉し過ぎてからか人が変わったかのようにデレデレしたり、編集部員たちにハイテンションで声を掛けるシーンはかなり面白かったです。

人は恋をするとこんなにも変わるのかと宗介を見ていたらつくづく思うし、それと同時にずっと子供の頃から好きだった愛だからかもしれないと感じました。

また、宗介が行き詰まっている時にお弁当を作ったり、サプライズでバスケットボールをしたりと愛がいつも影から宗介を支えていて、二人の関係性は見ていて羨ましくなります!

回避できない廃刊の危機!?と樋口の正体

今回、宗介が目玉企画としてオファーした人気の歌手のスキャンダルや小説家の楠瀬凛へのオファーの失敗など、宗介がやることが全て上手くいかず焦る感じが画面からもリアルに伝わってくるぐらいです。

そんな中、樋口が影で一人で動いていたので彼のことだから、何か予想外の行動をしてくれそうな気がして勝手に期待してしまいました。

個人的には樋口が副社長なのかと少し思っていたので、まさか樋口が楠瀬凛だったとは想定外でかなりビックリです!!

しかも、樋口が最後いつもと違ったビシッとしたスーツ姿で登場した時には宗介同様、見ている自分まで驚いてしまい手が止まる勢いでした。

また、副社長がまさかの宮城だったという展開はビックリを通り越すぐらいの衝撃だったし、編集部員たちが騒然となるのも納得です。

最終話へ続く

スポンサーリンク

彼女はキレイだった9話 みんなの口コミ評判は?

カノキレ6話のみんなの口コミ評判をまとめてみました。

ネットの評判でも、やはり樋口くんが副社長だとずっと思っていた人が多数イイねしていましたね!!

そしてLiLiCoこと編集長が楠瀬凛だと思っていたら、なんでもなかったw

樋口くんのイケ散らかし過ぎてて死ぬ~という意見もあり、かなり赤楚衛二さんの役どころの変化、大どんでん返しに未だに信じられない感じの方も多かったです!

見逃し配信を、広告なしでスマホでPCでタブレットで無料で見ることができるこちらへどうぞ。

スポンサーリンク

彼女はキレイだった 9話 見どころ&おすすめポイント

彼女はキレイだった9話では編集部一丸となるものの、ザ・モスト廃刊のピンチは回避できない状態・・・。そして、樋口の正体がまさか愛や宗介が大好きな小説家、楠瀬凛だったとは?!

彼女はキレイだった9話の見どころとおすすめポイントです!

  • 今まで誰にも正体を明かさなかった楠瀬凛が登場したら、まさかの正装した樋口だった!!
  • THE MOSTをなんとかしたい、愛にも大丈夫だよ、なんとかなるよ!と言っていた樋口。THE MOSTを助けたいと言った一心で宗介の前に現れた男らしすぎる樋口の生き様がかっこよすぎる!

ずっと副社長が樋口(赤楚衛二)だと思っていたら・・なんと宮城文太でしたねw

そして楠瀬凛は・・・場面場面思わせぶりな雰囲気を出していたLiLiCoこと、編集長の池沢蘭子かとおもいきや、

なんと・・・

 

樋口くんだったのです。

ここにきてまさかのびっくり仰天な姿現しでしたね!!

 

樋口はどちらにせよ、いつも映し出される自分の部屋が高級すぎたので、もしや?とは思っていました。

しかも、愛も昔から大好きな楠瀬凛の小説が大好きといってましたが、このあたり、次回の最終回でどう出るか楽しみですね!!

それにしても樋口が楠瀬凛として宗介の前に現れた時の姿、正装して頭をセットしちゃって

かなりかっこよかったです!!

いつもの樋口くんもいい感じですが、セットした樋口くんのオーラを絶対映像で見てほしい!無料で見れるのでぜひ!

31日間無料体験期間中は、韓国版&日本版のカノキレだけでなく映画やアニメを楽しむことができます。

無料期間以内に解約すると、解約金は一切かかりません

無料で彼女はキレイだったを見るのはココ

もし、U-NEXTにすでに登録済みの方は、2週間無料のFODをおすすめします↓

今スグFODで彼女はキレイだったをみるならこちら

スポンサーリンク

彼女はキレイだった 9話 ネタバレ 感想|まとめ

彼女はキレイだった 9話のネタバレ感想&考察でした。

  1. 宗介と愛のずっと変わらない気持ち
  2. 回避できない廃刊の危機!?と樋口の正体

でした。

さらさらヘアーの宗介(中島健人)くん、かっこよすぎませんか?

あのナチュラルヘアーのほうがいつものスタイルよりセクシーでいけてましたね!

そして、何より今回は副社長の正体と楠瀬凛の正体ふたつが同時に明らかになって、大どんでん返しでした!

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

最終回結末ネタバレ記事はこちらをどうぞ↓

彼女はキレイだった ネタバレ感想&考察
彼女はキレイだった 最終回結末と原作ネタバレ感想考察!ラストは愛と宗介が結婚!?彼女はキレイだった 最終回結末と原作ネタバレ感想考察!ラストは愛と宗介が結婚!?と題して紹介していきます。 「彼女はキレイだった」...

宗介が梨沙(愛の代役)にプレゼントした傘についての詳しい記事はこちら↓

スポンサーリンク