コントが始まる

コントが始まる 6話 感想&考察~泥酔した里穂子のハイジ姿にウケる

コントが始まる 6話 感想と考察
スポンサーリンク

コントが始まる 6話 感想&考察~泥酔した里穂子のハイジ姿にウケると題して紹介していきます。

ネタバレも含まれますので予めお気をつけ下さい!

6話はコント「金の斧銀の斧」。

その6話の感想&考察を解説していきます。

 

コント「金の斧銀の斧」

里穂子が泥酔してハイジになったシーンを
もう一度みるには見逃し配信Huluで。

\「コントが始まる」の見逃し配信動画が見放題
2週間無料はボタンをタッチ↓

 

前話5話のネタバレ感想・考察はこちらの記事をどうそ↓

コントが始まる 5話 感想&考察~マクベスの解散は絶対に避けられない?!

コントが始まるの気になるロケ地撮影場所はこちらの記事をどうぞ♪↓

コントが始まる ロケ地撮影地!ラーメン屋やファミレスはどこ?おゆみ野で撮影も

スポンサーリンク

コントが始まる6話 あらすじ

6話あらすじ

実家の酒屋を継ぐ決心をした潤平は、高校時代から付き合っている恋人・奈津美(芳根京子)との関係に人知れず閉塞感を感じ始めていた。

もともとは奈津美を笑わせたい一心で始めたお笑いだったが、マクベスが解散する今、大企業で働いていて自分とは不釣り合いな奈津美との関係も終わらせるべきなのか……。

一方の奈津美もまた、芸人を辞めた後の潤平をどう受け止めていいのか悩んでいて……。

マクベスという柱を失い、二人の関係は未来が見えなくなり始めていた。

そして、マクベスを心の支えにして来た里穂子(有村架純)もまた、これから進むべき28歳以降の未来について、人生の岐路に立たされる。

それは、これから里穂子の家を出て行くつむぎ(古川琴音)と、マクベス以外の生き方を知らない春斗も同じで……。

努力が報われなかったかもしれない人生。

それでも変わらずに信じていいものは心の中にきっとあるはず。

「未来」が見えなくても、「今」が俯く状況でも、それでも「今日」できること、「今日」の幸せは絶対にある。見た人が少しだけ前を向けるように、そっと背中を押される第6話。

暖かな胸の高鳴りがここにある。

コントが始まる 6話 感想

コントが始まる 6話 「コント:金の斧銀の斧」を見た感想と考察ネタバレ込みで紹介していきます。

かなり主観的・個人の意見ですのでご了承願います(。-∀-)

コントが始まる 6話にてついくつかのキーポイントにそって解説していきます。

  1. 奈津美と潤平の関係に終止符?
  2. 泥酔した里穂子がブランコでハイジになるという衝撃

奈津美と潤平の関係をつなげた春斗の言葉

奈津美は今まで彼女なりに一生懸命お笑いをやっている潤平を支えてきましたね。

潤平に「マクベスを続けるなら応援する」と言っていた自分の言葉は本心ではなかったようだし、「芸人続けていいよ」といってあげらる優しい女でいたかったと告白していた奈津美。

この言葉も胸が痛いほど理解できました。

もうこの時点で好きでもない人のことを10年も惰性であれ支えてあげられることはできないし、奈津美はいい女だってよくわかります。

 

大企業につとめ、スペックも良い男の人達に囲まれ、同僚たちは休みになれば自慢できるような場所に旅行するのに、自分だけ旅行は近場の温泉の足湯だったり質素な旅行をしていることに、ちょっとだけ疲れてしまった部分もあった奈津美。

それにちょととしたお金を出すのも奈津美。

ちょっとだけ周りと比べちゃっていた奈津美もいたけれど、それは仕方ないよ、と奈津美に言ってあげたくなりますね。

 

誕生日にはいつもサブライズで奈津美を喜ばせてくれる潤平だったけれど、会社の帰宅時に春斗にあんなことを言われなければ、ギクシャクした潤平との関係は長らくはそうなっていたのかもしれないです。

「潤平よりも魅力的な人は奈津美の周りにも沢山いると思うし、これからも沢山の出会いがあると思うよ。けど潤平みたいなやつにはもう出会えないと思ったほうがいいよ。それは覚悟した方がいいよ」

この二人の関係を正してあげたキッカケは、何よりも誰よりも春斗だったんです。

この言葉がなかったら、もしかして二人がすれ違ったまま終わりになっていたかもしれないし、

「春斗はマクベスでは出来なかったけれど、今まで10年間が意味のあるものだと思って欲しかった」とも言っていたように、

友として、潤平と奈津美との関係は何より一番に考えてくれていた春斗。

潤平と奈津美が今こうやってスムーズに付き合ったままで要られたのは春斗のおかげだったとも言えます。

泥酔した里穂子がブランコでハイジになるという衝撃

里穂子が泥酔し、いつもの公園で歌いながらブランコに乗っていました。

まるでハイジのようにハイジの歌を歌いがながら。

「教えて~~」

マクベスより面白すぎでした。

里穂子のあの真面目な雰囲気からガラッと人が変わり、泥酔したどこかのオヤジのような口調の里穂子。

「あんだって~?」

あの雰囲気もやばかったですし、それを演じられる有村架純ちゃんの演技力にも脱帽です。

真珠のピアスをつけている姿をみた潤平の涙は極上

思わずもらい泣きしてしまうベスト1なシーンだと思うほど、涙を誘われました。

奈津美が「両親に会って。長いこと待たせちゃってごめんね」

と潤平に言えるのも、半端なく素晴らしかったのですが、

そのあと潤平がプレゼントした真珠のピアスを奈津美が付けている耳を見た瞬間、思わず涙がこみあげてきた潤平。

この瞬間、今までの10年間が報われてきたんだよ、と思いました。

両親に会うことプラス、この真珠のピアスで確信となったのです。

視聴者として涙するとともに、本当にこの二人が一緒になって良かったと心から祝福できる瞬間でした。

スポンサーリンク

コントが始まる 6話 ネットの評判は?

SNS上での感想を集めてみました。

今回は神回だという意見が多数ありました。

潤平の彼女、奈津美(芳根京子)さんを絶賛する声が非常に多かったです。

本当の意味でいい女を演じていたし、険悪ムードから回復までを感動の涙と共に現していた素晴らしい回でしたという声もありました。

スポンサーリンク

コントが始まる 6話 ネタバレ 感想|まとめ

コントが始まる 6話のネタバレ感想&考察でした。

この回でマクベスの解散は確実なものになりましたし、少しずつ各々が前を向き始めているところも見れた回でした。

潤平と奈津美は駄目になるかと思ったけれど、10年間は全く無駄じゃなかったですね。本当によかったです。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

\「コントが始まる」最新話から全話見放題!/
↓Huluで2週間無料で見るにはボタンをタッチ↓

 

スポンサーリンク