ただ離婚してないだけ

ただ離婚してないだけ 7話ネタバレ感想&考察~鬼と化した雪映

ただ離婚してないだけ ネタバレ感想&考察
スポンサーリンク

ただ離婚してないだけ 7話ネタバレ感想&考察~鬼と化した雪映と題して、紹介していきます。

佐野は目を覚ますと暴れますがそこに雪映が熱湯をかけ「黙れ」と冷たく言い放ちます。決意の雪映の表情とこの状況にただ見ているしかできない正隆は・・・

ネタバレも含まれますので見ていない方は予めお気をつけ下さい!

その7話の感想&考察、そして「ただ離婚してないだけ」のみんなの口コミ評判を解説していきます。

前話の詳しいネタバレ感想はこちらの記事をどうぞ↓

スポンサーリンク

ただ離婚してないだけ 第7話 ネタバレ

佐野に秘密がバレそうになった正隆は、大金を用意しろと脅され切羽詰まっています。

しかも実家の経営が危ないと聞いた彼はもう混乱している状況。

更に帰宅すると雪映が倒れており、狼狽する正隆は救急車を呼びました。

予断を許さない状態ですが、駆けつけた妹から「お姉ちゃんと早く離婚して欲しかった」と言われます。

また弟の利治から連絡が来て会いたいと言われる正隆は複雑な想いから怒りでその申し出を断ってしまいました。

その後雪映は何とか回復しますが、悪夢も見てしまいお腹の赤ちゃんを案じます。

病室を抜け出した彼女を焦って探した正隆達は落ち着いた雪映画を見つけホッとしました。

そして何とか赤ちゃんも無事で、安堵する雪映は決意を固めます。

また正隆は折れる事になり、利治に会いに行くと疲れ切った顔で正隆の存在をないがしろにしたのは自分も加担してて正隆の必要さを痛感したと話します。

そして父が危篤な事を聞き正隆に言いたい事があると言いますが、どうしても会う気になれない正隆。

そして利治はそのまま東京地検特捜部に連行され父の意思すらわからぬままです。

失意の中帰宅すると何と佐野が家を割り出し訪問します。

中にまで入られ動揺する2人でしたが、「何でそんなに焦ってるんだ?萌を殺したのか?」と言われ正隆は逆上し彼を階段から突き落とします。

そして縛り上げ、佐野は目を覚ますと暴れますがそこに雪映が熱湯をかけ「黙れ」と冷たく言い放ちました。

決意の雪映の表情とこの状況にただ見ているしかできない正隆でした。

8話に続く

ただ離婚してないだけ 第7話 感想&考察

ただ離婚してないだけ 第7話 を見た感想と考察ネタバレ込みで紹介していきます。

いくつかのキーポイントにそって解説していきます。

  1. 冷酷な鬼
  2. 豹変してしまった雪映
  3. 恐怖の蟻地獄

冷酷な鬼

雪映の衝撃の飛び降りその後、家の2階からの転落だからたぶん大丈夫だろうと思いつつ、案の定、命が助かりよかったです。

何よりも、おなかの赤ちゃんが一番心配でしたが元気で、それに一番驚きました。

生きる執念みたいなものを感じたし、雪映のDNAを受け継いでいると思うと少し怖いです。

家にまで押しかけてきた佐野を突発的に階段から突き落とし、動かない彼を正隆と雪映がテープでぐるぐる巻きにしてて、行き当たりばったりで罪を重ねてほんとおバカな二人だなって思います。

暴れだす佐野に熱湯をぶちまけ、顔を足で踏みつぶす雪映がすごかったです。

最後に冷酷な鬼になった雪映が見られました。

豹変してしまった雪映

学校の教師の雪映が殺人者に豹変するとは思いませんでした。

雪映は新聞配達の店員兼バーの店員の萌を思いやれるくらい、優しいイメージだったので、萌の上司の佐野に熱湯をかけるとは思わなかったです。

非常にキツイシーンでした。

また、主人公の正隆が雪映の自殺や弟の利春の贈賄容疑でしっかりしたところが見られるのかなと思いましたが、やはりそうではなかったですね。そんなところが正隆らしいなと思いました。

佐野もまた萌のように庭に埋められるのでしょう・・・。

恐怖の蟻地獄

佐野に脅されてメンタルダメージを受けた雪映が、家の二階から飛び降りたのが驚きでした。

病院に搬送されても意識が戻らないので、死んでしまうのかと思いましたが、胎児が死なず、雪映が意識を戻したのは、奇跡に近いです。

しかし、雪映の妹の菜穂は、正隆に事故じゃないだろうと言い、菜穂は正隆が、雪映を殺そうと疑ったかも知れません。

そもそも菜穂は、子供が出来ても正隆と雪映の仲は修復できず、離婚したほうが良いと思っていたので、正隆が、菜穂に病室から、追い出されるのも当然です。

すると、雪映が病室を抜けて正隆は、雪映が病院の屋上から飛び降り自殺を図ったかと心配して、菜穂と捜索をすると、雪映が公園のベンチにいたのは、ホットしました。

雪映は、酷い目に会っても、正隆と家に帰ると言い、正隆は雪映を守ると言い、雪映も子供を産むと言うと、有難うと泣いた正隆の様子に、菜穂は仕方なく、認めたようですが、姉を守る為にも、雪映が家に戻るのは、思いとどまらせるべきでした。

一方、柿野製薬の会長秘書が、会長が正隆と話がしたいと言い、正隆の弟の利治からも、父が危篤で帰って来て欲しいと言いますが、正隆は、帰らないと言ったのは、自分が、会社を追われた恨みが消えないからのようです。

しかし正隆が病院に行くと利治は自分が父を殺したようなものだと言い、利治は正隆のようになれなかったと言い、兄さんの育てた会社をダメにしてごめんと言いますが、もはや手遅れです。

利治が病院の外で特捜に捕まり、正隆は父が何を自分に言おうとしたのか、気になりますが、それも手遅れです。

もし父が生きていたら、正隆に謝罪の言葉があったかも知れません。

すると、萌の弟が警察に萌の捜索願いを出し、仁科が佐野のバーに来て、店を買収すると言い、佐野は何としてでも正隆から金を巻き上げなければピンチです。

そこで、佐野が、残されたメモを見つけて萌が働いていた新聞販売店から顧客情報を得て、正隆の家にやってきたので、万事休すでした。

正隆が金を渡しますが佐野は1千万に足りないと怒り、萌を殺したのかと問い詰めますが、争ったはずみで、佐野が階段から落ちて一時的に意識を失ったものの、意識を回復して雪映が熱湯をかけたのは、驚きです。

狼狽する正隆より、雪映は胎児の母となった今、正隆の罪を自分も、かぶって生きる強い決意を感じました。

次回、刑事が正隆の家に来るようで、萌と佐野を殺してしまった正隆と雪映は、恐怖の蟻地獄に、ますます落ち込みそうです。

ただ離婚してないだけ 第7話 みんなの口コミ評判は?

ただ離婚してないだけ7話のみんなの口コミ評判を集めてみました。

まさ雪映がベランダから飛び降りるとは思いませんでした。

お腹の赤ちゃんがいるのに・・・

佐野に熱湯をかけたのに・・・

全ては正隆が萌と関係を持ってしまったことが元凶ですよね。

本当に一番の被害者は雪映でしかありません。

ただ離婚してないだけ 7話 おすすめポイント

ただ離婚してないだけ 7話では萌を庭に埋めた後の話しでした。

ではここからは「ただ離婚してないだけ」7話のおすすめポイントをご紹介です。

  • 雪映が豹変して、佐野に熱湯をかけるシーン
  • 佐野を脅している仁科が萌の同僚のほのかに脅迫する場面
  • 佐野に熱湯をぶっかける雪映と、それを見てあっけにとられてきょとん顔の正隆
  • 雪映の妹の菜穂が病院で、正隆を非難して、追い出す場面
  • 正隆が利治から病院に呼び出され、利治が正隆に謝罪する場面

キツイシーンでした。

まさか雪映がそんな行動に出るとは思いませんでした。

でも思いつめていたのでしょうね、頭がぐちゃぐちゃで精神状態も異常。

お腹の子や家族を守るための行動に出たと思いきや最後はベランダから飛び降りてしまうのです。

この異常な精神状態を表している雪映の見事な演技は必見です。

無料でただ離婚してないだけを見る

ドラマ「ただ離婚してないだけ」は
動画配信サービスParaviで1話から最終話まで全話配信中です。

無料トライアルに登録するだけで、「ただリコ」が2週間見放題

※2週間以内に解約すれば解約金は一切かかりません

無料でただ離婚してないだけを見るならココ

今スグParaviで見るならコチラ

ただ離婚してないだけ 7話 ネタバレ 感想|まとめ

ただ離婚してないだけ 7話ネタバレ感想&考察~のネタバレ感想&考察でした。

  1. 冷酷な鬼
  2. 豹変してしまった雪映
  3. 恐怖の蟻地獄

7話でした。

残り3話でどのように決着が付くのでしょうか。

正隆の設定も、萌の設定もだいぶ違うので、原作の結末とこのドラマの結末はどのように違ってくるのか見ものですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク