TOKYO MER~走る緊急救命室~

TOKYO MER 8話 ネタバレ感想~ふざけんなよ戻ってこい!

TOKYO MER ネタバレ感想
スポンサーリンク

TOKYO MER 8話 ネタバレ感想~ふざけんなよ!戻ってこい!のネタバレ感想を紹介します。

TOKYO MER8話で皆の命を救うため単独で大雨の中屋外の発電機復旧をするが、感電し喜多見は生死を彷徨い・・・誰よりも命をかけて助けたのは音羽医師でした。

TOKYO MERの第8話 を見たドラマのネタバレと感想、みんなの口コミ評価を合わせて紹介します!

2週間無料トライアルに登録するだけで、1話から最新話まで見放題
Paraviで2週間無料で見る

前話の詳しいネタバレ感想はこちらをどうぞ↓

スポンサーリンク

TOKYO MER〜走る緊急救命室〜 8話 ネタバレあらすじ

今回は土砂崩れの恐れのある地域の病院での救出活動。

冒頭では喜多見幸太の過去の事を知って動く公安が彼を追及しようとしてます。

呼び出された喜多見幸太ですが、「テロに加担しているのか?」と言われますが何も喋らない。

そして事情を知っている涼香や千晶、そして梓は彼を案じますがまた現場に呼ばれる事になります。

そして向かう道中で喜多見幸太は尚からも追及されますがそれでも何も言えずいます。

そのまま到着するともう非常用電源が持たない状況ですが、緊急手術も含めて対応する喜多見幸太達。

しかし尚と心がバラバラな状況で互いが違う動きをしています。

最後のところで、命の危機が迫っている患者への対応で電源復旧をしなければいけませんが土砂崩れも迫っている所です。

卓から止められる喜多見幸太ですが彼は作業をしに行く事を決断します。

そこで彼は過去のテロ組織の一員を救う為に警察から匿い、逮捕された事をメンバーに話しました。

なんとか復旧はできますが、トラブルで喜多見幸太が感電する事になります。

命が危ない状況になる喜多見幸太を尚が中心として救いに行きました。

懸命な処置で何とか助かった喜多見幸太。

尚は上司達からTOKYO MERを潰す為の報告をしなければいけませんでしたが、ただ命を救いたかっただけと言う喜多見幸太の真実は話さず嘘の報告をします。

その後何とか丸く収まりますが、まだまだ厚生労働省側では不穏な動きが・・・。

また安堵する千晶と梓でしたが、何と都知事が高輪千晶の目の前で倒れてしまう事に。

8話へ続く

TOKYO MER〜走る緊急救命室〜 8話 ネタバレ&感想

TOKYO MER〜走る緊急救命室〜 8話 をみた感想・考察をポイントごとにまとめました。

※主観的・個人の意見ですのでご了承願います(。-∀-)

TOKYO MER〜走る緊急救命室〜 8話 にて3つのポイントにそって解説していきます。

  1. テロリストを助けた喜多見
  2. 私を見て!
  3. 喜多見の空白の1年

テロリストを助けた喜多見

空白の1年間の間、さすがに主人公の喜多見は悪いことをしていなでしょうと信じていました。

それは喜多見が今までの劇中で患者さんのため、危険なことをかいくぐって、患者さんのために治療をしてきた人だからです。

実際はテロリストを手助けしたということでしたが、命を救っただけなのに喜多見は逮捕されることになるのです。

今後、そのことがどう影響するのか。悪人とはいえ、人の命を助けた喜多見医師まで悪人扱いになってしまう理由がわかりません。

また、TOKYO MERのメンバーの音羽が劇的に変わっていくのが見られて良かったです。

それは音羽はTOKYO MERを潰しに政府から派遣されたのに最後は喜多見を助け、喜多見をかばいます。

音羽まで都知事の赤塚側に付いてしまったので、厚生労働大臣の白金がこの後どんな手を打ってくるのか気になりました。

私を見て!

喜多見の妹涼香は兄の着替えを取りにきたのはあくまでも名目で、本当のところ、医師であり官僚である音羽に随分と惹かれているんだなあと、感じずにはいられませんでした。

クッキーも音羽だけ別の小箱に入れて渡すのもあからさまですし、彼を見つめる時の目は他のメンバーを見つめる時の目とは違っており、彼女の深層心理的には「もっと私をみて、築いて。私はあなたを信じるから」という気持ちが込められているのがビンビン伝わってきます。

普通なら兄の職場にあそこまで出入りしないでしょ・・・と感じずに入られません。

喜多見の空白の1年

ついに喜多見が空白の1年間の真相をMERメンバーに伝えたけれど「このタイミングで!?」という状況だったので、びっくりでした。

でも、この告白で結局はチームが一つにまとまり、音羽が喜多見に対して抱いていた不信感もなくなったように感じました。

駒場からの撤退命令を真っ先に破り、喜多見の最大のピンチを救い、厚生労働省の白金に噓の報告をした音羽、大活躍だったし今回はヒーローでした。

しかも涼香といい感じだし、涼香のほうは音羽のことをもうすでに好きだと思います。

喜多見とテロ組織とのつながりがはっきり誤解ってわかって一安心、でもこの先犯人からの接触や赤塚が倒れるとかのトラブルを、チームが一丸となり解決していくのがとても楽しみになっています。

スポンサーリンク

TOKYO MER〜走る緊急救命室〜 8話 みんなの口コミ評判

TOKYO MER〜走る緊急救命室〜8話 みんなの口コミ評判をまとめてみました!

音羽先生、「待ってるだけじゃ救えない命があります」といって感電した喜多見を助けに行くと場面がありましたが、あの言葉は喜多見がいつも言っている言葉でした。

素直でない音羽はきっと喜多見にお前が必要だ、ということは決して言わないだろうけれど、きっと日本の医療もTOKYO MERを変えていくにも喜多見が必要だっていうことはわかっているのでしょう。

もう喜多見からビンビン感銘をうけ、TOKYO MERを陥落させるはずが今は強力なメンバーの一人になったことがわかりました。

スポンサーリンク

TOKYO MER〜走る緊急救命室〜 8話 おすすめポイントは?

TOKYO MER8話の見どころと&おすすめポイントです。

  • 駒場の撤退命令を真っ先に無視し、待ってるだけじゃ救えない命があります、と駒場の命令を振り切って喜多見を助けに行く場面
  • 涼香がまたまたクッキーをやいてきて、音羽に特別に小箱入りのクッキーを差し出すシーン
  • 心停止した喜多見の心臓マッサージを、喜多見に怒りをぶつけながら、あきらめずにずっと続ける音羽

興味のない人にわざわざ、別の小箱にクッキー入れて持ってきたりしませんよね?

涼香もおとなしい顔して案外攻めるなあ~とあからさまな行動が目立ちます。

この恋が最後まで描かれるのか、なにげにハッピーエンドを迎えるのか?都知事の思惑や椿のテロ以外でも期待大です!

ぜひ、官僚として上を目指して日本を変えていきたいという音羽を、涼香に支えてほしいと願ってしまわずにはいられません。

感動のシーンはParaviの2週間無料トライアルで見れます。
2週間無料でTOKYO MER〜走る緊急救命室〜見放題
2週間無料でTOKYO MER見る

スポンサーリンク

TOKYO MER 8話 ネタバレ感想~ふざけんなよ戻ってこい!ネタバレ 感想|まとめ

TOKYO MER 8話 ネタバレ感想~ふざけんなよ戻ってこい! のネタバレ感想でした!

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

  1. 喜多見を受け入れた音羽
  2. 私を見て!

という感想のポイントでネタバレ感想をまとめて紹介してきました。

 

前話の詳しいネタバレ感想はこちらの記事をどうぞ↓

TOKYO MERの最終回結末を大胆にも予想してみました↓

鈴木亮平さんの着用している腕時計がすごかった!詳しくはこちらへどうぞ↓

スポンサーリンク